葬儀の多様化

葬式

2000年以降、高齢化がハイペースで進んでいることから、志望者が増えるため葬儀の市場はますます拡大されます。一方で葬儀市場への異業種の参入がさかんになってきます。現在ですとホテルや流通業者などが新規参入していますし、これからもこの流れは強まってくると考えます。一方で、会社などで大々的に葬儀をやることは、現在の希薄化された人間関係という事情も鑑みれば少なくなってくると思われます。 少数の親族や友人による小規模な葬儀が、今後台頭してくると思われます。そして、費用を払えない人や身寄りのない人のための公共施設や、社会問題となりつつある死後のお墓についてなどの相談窓口が今後は増えてくるものと考えられます。

葬儀における注意点とは、その規模や費用が多様化しつつある現代だからこそ、なるべく事前に葬儀会社などを決めておくことです。祭壇一つにとっても故人の遺志を尊重したものにすると、参列者の方にとっても良いものになるといえます。さらに、人間関係が希薄化したり、一人暮らしや夫婦二人暮らしの高齢者が増えてきているからこそ、エンディングノートのようなものを用意しておき、どのくらいの知り合いや友人に連絡をするかを事前に考えておくと、いざという時にも慌てずに済みます。 遺された家族の精神的ケアも考えなければなりません。葬儀関係は当然必要なことですが、その後の法要にかかる寺院に対する費用なども含めて、考えておく必要があります。

Copyright© 2017 葬儀では様々な準備が必要〜急に来る日に備えて〜 All Rights Reserved.