不備を防ごう

数珠

遺言作成の不備がないように

法定相続人以外にも財産を遺したい場合には、遺言作成をしておかなければなりません。 遺言書には、自筆証書、公正証書、秘密証書の3種類があります。この中で一番、安全で確実なのは公正証書です。公正証書とは、公証人と証人2人の前で遺言を読み上げ文書を確認した後、それぞれが署名捺印します。そして遺言書の原本は公証役場にて保管されます。法的効力も確実ですし、保管も安心できますので偽造の心配をする必要もありません。遺言作成と言っても、本人はたたき台の文書を作っておけば、後は公証人が正式な文書を作成してくれます。証人2人を立てることと、費用がかかること、戸籍謄本などを揃える必要があります。 自筆証書と秘密証書に関しては自分で作成することができます。

円満な相続のためにもプロに相談を

自分で自由に遺言作成できるからと言っても、押さえておくべき事項があります。そこが曖昧だと、後々トラブルになるかもしれません。土地がある場合は登記簿謄本の通りに記載する必要があります。 又、書き方だけでなく実際の配分についても、注意すべき点がいくつかあります。借入金がある場合には、それについても記載しておかなければ、遺産配分通りに借入金も負うようになります。又、いくら遺言作成しても法定相続人には遺留分があります。遺留分を主張されれば、その分だけは相続させなければなりません。 円満な相続をしてもらうためにも、遺言作成の前に法律事務所などで相談されるほうがいいでしょう。又は、すでに遺言作成をしているなら、それを添削相談することもできます。各事務所では、初回相談は無料で行っていたり、電話相談もできるようです。

Copyright© 2017 葬儀では様々な準備が必要〜急に来る日に備えて〜 All Rights Reserved.