遺品整理の注意点

フラワー

具体的なやり方等について

遺品整理とは、故人が残した物を整理する事を言います。一般的には家具や家電製品、衣類や金品等の事を指します。そのため、不動産は除外される事が多いです。こうした遺品整理は、遺族が行なうのが基本となっています。遺品を遺族で分け合う形見分け等が有名です。また、故人の住まいを早急に明け渡す必要があったりすると、葬儀が終わり次第すぐに整理を開始する事も少なくないです。ただ、葬儀を終えてすぐに遺品整理をするというのは、遺族にとっては精神的にも身体的にも辛い場合があります。そういった時には、専門業者に依頼するという方法もあります。現在では、こうした専門業者は数多く存在しています。第三者が関わる事で、遺族も客観的に物事を捉えられるようになりますし、整理作業自体もスムーズに進むようになります。ちなみに、こうした専門業者に依頼した時の料金についてですが、一般的には1ルームならば3〜5万円程度の場合が多いとされています。

遺品整理の特徴等について

前述したように、遺品整理は遺族のような近しい人達が行なうのが基本です。しかし、近年では専門業者に依頼するケースも増加しつつあります。専門業者への依頼が増えるようになった代表的な理由としては、少子高齢化の影響が考えられています。つまり、残される親族の人数自体が減少するのです。そのため誰かが亡くなっても、遺品整理を出来る遺族がいないというケースが増えつつあるのです。専門業者に遺品整理を依頼した場合、どの遺品を処分するか残すかといった判断は、原則として遺族の意志が優先されます。ただ、食料品等のように残すのが不可能な物に関しては、業者側で判断をして処分する事もあります。また家電製品や家具等は、中古品としての価値がある場合があります。こういった物の処分に関しては、中古品取扱店に販売して、その結果得た現金を遺族に渡すというケースもあります。

Copyright© 2017 葬儀では様々な準備が必要〜急に来る日に備えて〜 All Rights Reserved.