シンプルで済ませる

花

金額はお願いする葬儀屋さんによって様々です。一人暮らしの方も増え葬儀を簡素化する方も増えてきています。料金も数万円から何百万円と本当に様々です。 通夜や葬式の時の食事や飲み物や香典返しなどによっても金額は変わりますし生前中にそういう毎月積立のあるものに入っている場合はその分が割引されたりそれ以外の料金も割引されたり出来るものもあります。 またインターネットなどで探せば本当に数万円ほどで葬式などができるところもありますがまだ全国的には数が少ないです。 急な葬式に何も考えていない若い喪主の方々は故人が亡くなってどうしていいかわからないままそういう葬式に追われてしまいます。年齢を重ねていくとそういう葬式などに行く機会が有るので少し心の準備をすることが重要なことがわかります。

従来日本では自宅で葬儀することが主流でした。ご近所付き合いもあり炊き出しなどを婦人会の方が手伝って自分の家がお寺の門徒であることが多くそこに通夜葬式の時に連絡し来て頂くことが当たり前の時代でした。 ほとんどどの家も葬儀屋さん自体にお願いすることは皆無に等しい時代でした。 それが最近は亡くなるのも自宅ではなく病院などになりそこからすぐにどちらの葬儀屋さんへ連絡されるのかと聞かれる時代になりました。自宅で亡くなることが当たり前だった40年以上前の時代とはすべてが様変わりしてしまいました。 葬儀は今ほとんどすべて葬儀屋さんにお任せすることが主流です。金額も様々です。しかし核家族化し一人暮らしの方も増え最近は葬儀をごく簡素化する方向も出てきています。

Copyright© 2017 葬儀では様々な準備が必要〜急に来る日に備えて〜 All Rights Reserved.