遺族の負担を軽くする

蝋燭

終活という取り組みについて

人が死ぬということは一大事ですが、誰にでも平等にやって来る一つのイベントでもあります。 一方で、死後の事を考える人というのはあまりおらず、残された遺族の負担が大きいというのが一つの社会問題となっていました。 そこで現在注目を集めているのが、死ぬ前から死後の用意をしておくという終活と呼ばれる取り組みです。 終活と言ってもそこまで難しい事ではなく、死んだあとの為に墓石や葬式の算段をしておくという人やあらかじめ遺品などを整理しておき遺族の手間を省くという取り組みです 現在では関連サービスとして生前戒名やあらかじめ葬儀社を決め予約しておくというサービス、また変わった所では墓石の取り置きを行うというサービスなどもあります。

関連サービスと利用する方法

まず終活に関わるサービスというのは幅広い物があり、一概に言えるものではありません。そこで、そう言った終活に関するマニュアル本や手引書と言った物が出版されています。 トラブルとして多い戒名では生前戒名という物があるのですが、これはその寺の方針や考えによって大きく異なるのですが、普段からしっかりとしたおつきあいをしている方であれば菩提寺に依頼する事も出来ますし、一部寺院ではサービスとしてインターネットなどで公開している所もあります。 他に多いのは墓石や葬儀関係ですが、これらは専門の業者に依頼さえしたら向こうが段取りをつけてくれます。 こういった終活特有のトラブルとして、遺族が終活の事を知らずに二度手間になってししまったり他に依頼してしまう事が上げられるので、こういった終活で何を行ったかという事は遺言状など正式な書類で残しておくことをお勧めしまう

Copyright© 2017 葬儀では様々な準備が必要〜急に来る日に備えて〜 All Rights Reserved.