小さな葬式

数珠

ここ数年、利用者数が急激に増加している葬儀プランに、家族葬というものがあります。家族葬のことを密葬と混同している人が少なくありませんが、正確には全く別の葬儀形式ということになります。そもそも密葬の場合には、後日改めて本葬を執り行うことが前提となっているケースが大半です。亡くなった人が社会的に高い地位についていたような場合には、数多くの弔問客の来訪が予想されます。葬儀会場での混乱を避ける目的で、あらかじめ身内だけで火葬まで済ませてしまい、落ち着いたところで正式な本葬を営むようにするのが一般的な密葬です。一方、最近流行している家族葬の場合は、後で本葬を営むようなことはありません。儀礼的な弔問を遠慮してもらい、故人とごく深い繋がりがあった人だけで見送る葬儀形式が家族葬です。心のこもった葬儀にすることができるため、家族葬を選択する人が多くなってきています。

亡くなった人を家族葬の形式で見送りたいと考えている場合には、葬儀業者選びに気をつける必要があります。利用者数がかなり増えてきたとはいえ、家族葬はまだ誕生して間もない新しい葬儀形式ですから、どこの業者でも家族葬プランを取り扱っているというわけではありません。故人が亡くなった病院から紹介された業者と、あまり深く考えずに契約を結んでしまったところ、家族葬プランを取り扱っていなかったというケースが実際にかなりあります。葬儀を何日も先送りすることはできませんし、途中からやり直すようなこともできません。ですから、家族葬を希望している場合には、家族葬プランを取り扱っている業者かどうかを確認した上で、葬儀契約を結ぶようにする必要があります。

Copyright© 2017 葬儀では様々な準備が必要〜急に来る日に備えて〜 All Rights Reserved.