小さな葬式

数珠

大阪などの地域では家族葬が多く行われており、また、価格もリーズナブルになっています。お得に利用できるということで注目されているので、不況の時代に合わせてこれからも人気や注目が高まっていくことでしょう。

詳しく見る

葬儀の多様化

葬式

核家族化や高齢化が進んでいるため、葬儀のスタイルも少しずつ変化してきています。後に遺族が葬儀社選びをすることも出来ますが、生前に前もって葬儀を依頼するところを探しておくということも出来ます。

詳しく見る

シンプルで済ませる

花

東京などの地域を中心にシンプルで葬儀を済ませるという人が多く増えています。価格を押さえていくことも出来るため、多くの人から注目されているスタイルであるといえるでしょう。

詳しく見る

遺族の負担を軽くする

蝋燭

死んでしまった後の世話や遺品の整理は遺族にとって負担になってしまいます。これらの負担を軽くするために終活を行なうことによって、これらの手間を軽くしていくことが出来ます。最近では終活のブームが来ています。

詳しく見る

不備を防ごう

数珠

葬儀の後に行われることが多い相続ですが、法定相続人以外に相続を残したい場合は遺言書を未然に作成しなければいけません。遺言書の種類を把握しながら作成することが大切です。

詳しく見る

たくさんの種類がある

葬儀

大切な人がなくなった後に行わなければいけない葬儀ですが、葬儀の方法は複数あるので故人が喜ぶであろう葬儀の準備をしなければいけません。親族で相談をしながら決めましょう。

詳しく見る

終活のために

線香

近年話題となっている葬儀の考え方として、終活と呼ばれるものがあります。整然にどのような葬儀を行い、お墓はどのようなものとするかなどを決めておくことで、葬儀による家族の負担を軽くすることができます。

詳しく見る

依頼することが一般的

ろうそく

故人がこの世を去った後は、残された遺品の整理をしっかりと行わなければいけません。遺品整理を専門の業者に依頼することで遺族への負担を軽減することができますので、依頼することが一般的になっています。

詳しく見る

遺品整理の注意点

フラワー

遺品整理を行なうことで故人の所有物を整理することができるのですが、不動産は除外されることが一般的です。遺品整理は遺族が行なうことが一般的とされているのですが遺族で分け合うことが一般的です。

詳しく見る

区切りとして

葬式

葬儀のスタイルは、年々変化してきています。家族だけで行うものや、個性的なものまで、葬儀社では数多くの形式が行われています。生前葬も人生に一旦区切りをつけたい、感謝を伝えたいという人が増えてきているため、人気があります。

詳しく見る

葬儀の前にすること

数珠

病気で亡くなることが予測できている場合もありますが、多くの場合突然大事な人が旅立ってしまうことがあります。悲しむ中で、喪主であれば葬儀の準備も行っていかなければなりません。

詳しく見る

細かく分けられる

葬儀

予算別の葬儀費用の相場

通夜や葬儀をするときにはお金がかかります。葬儀には予算別に基本料金があり、基本料金によってどのくらいの費用がかかるのかが決まってきます。 基本料金は団体葬なら200万円、一般葬なら100万円、家族葬なら50万円、火葬式なら15万円など、ある程度相場があります。基本料金には斎場のレンタル料、祭壇設営、寝台車手配、枕飾り、お棺、骨壺、遺影写真、位牌、ドライアイスなど、細かい費用が含まれています。祭壇にはランクがあり、ランクが高い祭壇ほど費用が高くなります。 また、使用する斎場の広さによっても費用が異なります。沢山の参列者が予想される葬儀だと広い斎場を借りる必要があるので、自然と葬儀費用も高くなります。

基本料金とその他の費用

葬儀の費用は「葬儀の基本料金」「飲食代」「お寺や僧侶へのお布施金や戒名料」に分けることができます。基本料金は通夜、葬儀、告別式といったすべてのセレモニーにかかる費用です。病院から自宅、または斎場への搬送、遺体安置にかかる費用なども含まれる場合もあります。 この基本料金は葬儀費用の中でも一番高額になります。含まれている費用の内訳をしっかり確認して不必要なサービスはないかなどをチェックすることが大切です。飲食代は通夜どおしで振舞う食事やお酒の費用や告別式で食べるお弁当代です。参加する人数が多いほど高くつきます。お寺や僧侶へのお布施金も必要です。お布施金は20万円前後、戒名料は5万円ほどが相場となっています。

Copyright© 2017 葬儀では様々な準備が必要〜急に来る日に備えて〜 All Rights Reserved.